読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーのはらわた

発達障害持ちが悩んだり現実逃避したり

川に飛び込んだ話

川に飛び込み流された話です。

高校の話

私には、いわゆる自称進学校の先生の考え、雰囲気が合わなかった
周りの同級生の、そんな学校に対する愛が気持ち悪かった。
周りと話が合わない。
話していても、全く楽しくない。
会話の冗談の内容は、低レベルもいいとこだった。
 
 
学校にいるのが、本当につらかった。
通う意味を、本当に見出せなかった。
生徒全員がキチガイに見えた。
こちらから声をかければ反応はあるが、私の求めている反応は返ってこない。
初めはそれでも必死で声をかけたが、周りの反応は相変わらずで、途中からクラスメートと会話する意味を見出せなかった。
自分から声はかけなくとも、相手から声をかけられることは多々あったが、これがまたおもしろくなかった。
だんだんと反応の薄くなる私に、声をかける人間は、一年の後半には、幼なじみ以外にほとんどいなかった。
浮いたのは完全に私の自己責任だ。
しかしこれは本当に苦痛であった。
私は誰かと会話がしたかった。
が、幼なじみを除き、他の誰と会話をしても全く面白くないのだ。
会話をしたいが、しても面白くないから会話をしたくない、そんなジレンマ(?)に悩まされた。
 
中学の頃までは、誰とでも上手くやってこれた。
友達もかなり多い方だったと思う。
それに未だに小、中学生からの付き合いの連中とは、未だに関係が続いている。
どうして高校の連中とは気が合わなかったのか、これが本当にわからない。
高校の連中全員が全員悪かったということはないと思う。
が、私と関わった人間は、誰も合わなかった。
私から見て、本当にどうしようもない救いのない人間だらけだった。
 
 
授業は発達障害も相まって、本当にわかりづらかった。
授業がそんな風なので、私は授業中は自分で勉強をしてきた。
授業を聞いてもあまり内容が入ってこないことは、先生に何度も相談した。
理解してくれる先生もいた。
また、最後の最後まで理解してくれない先生もいた。
 
別に友達なんか必要ないと悟った私を、最後まで追い込んだのは、学年主任である英語の教師だった。
この英語の教師は、私が病んでいることは一切気にかけなかった。
私が授業を遅れていることを知りながらも、予習前提の内容を、授業中バンバン私に質問し、ただでさえ話さないから浮いているのに、更に授業中に勉強を遅れていることをクラスメートに公にするようなマネを行い、二年の習熟クラスの中で、更に私が浮くきっかけとなった。
 
これには悪意を感じた。
私は二年では、一年の担任の気遣いにより、理系の習熟クラスになんとか在籍させてもらった。
その中で明らかに周りより学力の劣っていることを、その英語の教師は公にしようと必死だったように思えるほどだった。
 
そんなこともあり、私はクラス替えがあった次の年も、良いスタートとはいかず、初めのうちからかなり浮いた状態でスタートすることになった。
 
ここらへんで、浮いていることに関しては、完全にどうでも良くなった。
そのおかげで、修学旅行は自分の思うままに活動できて、カナダで過ごした一週間は、高校生活における、最高の一週間となった。
 
そんなこんなで私は一年の夏に精神を病み、学校に通う意味を見出せなくなり、だらだらと通い続けるが、三年の十月に学年主任となった英語教師の嫌がらせ(?)にいよいよ堪えられなくなり、高校をやめた。
 
今は予備校に通いながら、大学進学を目指している。
高校さえやめるような人間に、大学なんか通えるのか、と、高校の先生によく言われました。
何事もやってみないとわからないので、私は挑戦してみようと思う。
 
 
私は決していじめられていたわけではない。
嫌がらせの類は一切なかった。
 
それでも私をやめたくさせるものが、私の高校には存在したのだと思う。

ゲーム雑記

最近プレイしたゲームとか
ゲームどころじゃないんですけど、暇を見つけ、ちまちまと、色々と攻略しております。

今現在ハマっているのは、
個性豊かなキャラクターを使い分けるのが楽しい、非常におもしろいアクションRPGだと思います。
まだクリアはしていませんが、ファミコンのゲームの中でも、万人受けする傑作であることは間違いないと思います。

以下雑記になります。

スーパーファミコン『YsⅣ MASK OF SUN』
メガドライブ夢幻戦士ヴァリス
メガドライブ『メガパネル』
の三本仕立てです。

スーパーファミコン『YsⅣ MASK OF SUN』クリア済み
物語もゲーム内容も、非常に微妙で惜しいゲームでした。
悪くはないと思いますし、なんだかんだクリアまでプレイして、楽しめた作品ではあるのですが、個人的に、これをやるならⅠやⅡをやり直した方が面白いかも?とも思いました。
決してとんでもないクソゲーではないので、やってみる価値はあると思います。
100点中65点みたいな作品でした。
否定しまくってますが、私は好きですし、あくまで個人的な感想なので、私の意見を参考に、プレイもせずに今作をクソゲー扱いするのはやめてください。

アクション部分は若干単調ですが、ファミコン版を楽しめた私には、難易度は低すぎるぐらいでしたが、演出がよく、全体的に良くできたアクションゲームでした。
ビジュアルシーンといい、ゲーム部分といい、メガドライブ版は、なかなか出来が良いように感じます。
ビジュアルシーンはドットが細かく、大好きなオープニングが完全再現されており、「おお!!」となったのですが、容量の都合で、大半のイベントがカットされております。
これは残念でした。
メガドライブ版だけをプレイされると、優子の苦悩がほとんど描かれず、かなり浅い物語だと感じると思います。
が、容量の半分をビジュアルシーンに使っていたようで、メガドライブの限界に挑んでいたようです。
今作をプレイしたあとに、PC88のビジュアルシーンを見ていただけると楽しめるかも!!
個人的傑作です。
よくできていました。
今作については、今後また記事を書くと思います。

メガドライブ『メガパネル』最高到達面 ROUND15
実は、今作をプレイしたくて、レトロフリークを購入したのでした。
15パズルの流れを汲み取ったパズルゲームで、ゲーム自体もおもしろいのですが、何より登場する女の子がかわいい(笑)
完全に不純な目的で購入しました。
そんなこんななメガパネルですが、レトロフリークを購入するきっかけになった今作、実は一度も移植されてないみたいなんです。
WiiのVCでも未配信で、今作をどうしても自分で攻略したい私は、レトロフリークを購入しました。
久々に「自分の手で攻略してやる!!」と思ったタイトルであります。
女の子の服は自分で脱がしたいですよね、消すと女の子のイラストが見れる今作に、そんな気分にさせられちゃいました。
このゲーム、実は非常に難しいです。
私はROUND15以降は進めないのですが、やはり過去に私と同じ決意を胸にした同志はいたようで、ROUND30まで攻略なさった方は、少なからず存在するようです。
私も攻略したいな~と思ってます。
ゆっくりじっくりやっていきます。

そんなこんなな、ゲーム雑記でした。

近況報告

近況報告になります。
予備校に入った話、常用してる薬の話、カウンセリングの話の、三本仕立てです。

予備校に入った話
三月末から通い始めた予備校は、今のところ、なんとか上手くいっております。
幼なじみの高校の友達と仲良くなれたり、最近はわりと良いことが多いです。

常用してる薬の話
色々と薬を服用しているせいかもしれませんが、前ほど鬱になることも減りました。
現在服用中の薬は
の四つです。
コンサータは個人的に非常に素晴らしいです。
ストラテラより副作用は少なく、頭もシャキッとして、日中は眠くならず、私には合っています。
エビリファイ、水なしで飲めるんですけど、これがラムネみたいで美味しい(笑)
とても気に入っています。
実感出来る効果は副作用の眠気以外いまいちかな~。
最近鬱になりづらいのはエビリファイのおかげかもです。

予備校の話
予備校が忙しく、カウンセリングを受ける時間がなくなったため、今後は受けない方針になりました。
カウンセリングの先生、話しててスゴい楽になれて、好きだったんですけどね。
わりと残念です。
趣味の話とかも聞いてくれる、数少ない人間でした。
また機会があれば伺いたいです。

そんなこんな、近況報告でした。

コンサータ、始めました

タイトル通り、コンサータを飲み始めました。
今までストラテラを飲んできたのですが、副作用の吐き気がやはりどうやっても気になるので、コンサータを試しに二週間分処方してもらったなでした。

現在吐き気のようなわかりやすい副作用はありません。
気分もわりと落ち着いています。
が、今朝頭痛で5時に起きて、一日動き回って、17時からはバイトをしたと言うのに、今現在(4日1時30分)眠剤も飲んだというのに、全く眠気がきません。

これは不眠の副作用でしょうか。
まだ二日目なのでなんとも言えません。

ただ今のところ、ストラテラみたいな『効いてる実感』はないです。

二週間飲んで、変化が特になければ、そのときは先生と相談して、またストラテラを飲み出すかもしれません。

そんなこんな話でした。

『MSX グラディウス2』を攻略しました。

Wii VCにて、クラシックコントローラーを使用し、コンティニューあり、ガリウスなしでの攻略になります。

難易度が高いとよく言われる本作ですが、8ドットスクロールにさえ慣れてしまえば、言われるほど大したことはないように感じます。
個人的にはグラディウスⅡの方が難しく感じます。
しかし、プレイする度に変わる火球の出現数など、パターン化出来ないと思う要素が多いように感じました。
アドリブで対応しなければならない部分の攻略に、大変苦労します。
いやしかし、本作は本当に素晴らしい作品です。
難しいのに、「行けそうな気がする」ので、なかなか攻略をやめられません。
この難易度が本当に絶妙だと思います。
理不尽に難しくないのがスゴいですね。

一番苦労したのは七面でした。
ボスが強く、何度も攻略するはめになりました。
道中もなかなか難しいです。
が、アップレーザーなしでも中間からの復活は可能なので、ボスに備えて装備を整えればなんとかなります。

最終面であるヴェノム艦は、非常に弾数が多く、弾を誘導せずに突っ込むと間違いなく被弾します。
が、誘導に慣れ、パターン化が上手くいくと、被弾することもなく、スルスルと弾の間を抜けることが出来て、これが本当に気持ちいいです。
ヴェノム艦が今作で一番楽しい面でした。
私自身あまり敵弾の誘導に自信がなく、最終面は何度もやり直しました。
が、長く生き延びる動きを繰り返し、パターン化することで、なんとか攻略に至ることができました。
最終面の中間地点からも、ガリウスなしでしっかり復活できます。
これが非常に大胆な動きで復活できて、本当にやっていて楽しいです。

グラフィックは単色だったりでチープですが、それが気にならないほどゲームの内容は非常におもしろく満足のいく一作でした。
最終面は本当にSTGの楽しさが凝縮されてるように感じます。
STG好きの方は是非プレイしてみてほしいです。
未だに評価される理由を身をもって体験してください(笑)

ディスクシステム『パルテナの鏡』の思い出

今回は任天堂の名作『パルテナの鏡』の思い出なんかを書きつづりたいと思います。