読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なーのはらわた

発達障害持ちが悩んだり現実逃避したり

漫画、アニメ、ゲームとか音楽とか、2015年、今年出会って良かったモノの話

今年出会って良かったモノについて、記事を書こうかと思いました。
オタク趣味なやつです。
 
おそらく今年最後の更新になると思います。

 

まずは大雑把に
下に詳細を書きます。
 
漫画
クピドの悪戯シリーズ
オリヒメ ヒコボシ
楽園通信社綺談 ビブリオテーク・リブ
 
アニメ
天体のメソッド
ONE
 
ゲーム
 
音楽
竹本泉 うたこれ
 
以上です。
 
詳細とか
 
漫画
 
クピドの悪戯シリーズ
北崎拓さんの作品、クピドの悪戯シリーズ。
三作品どれも傑作でした。
ライトノベルでもそうそうないような、どれも個性的な吹っ飛んだ設定な作品ですが、そこから人間の色恋沙汰のドラマを面白可笑しく、笑いあり涙ありの物語に仕立て上げており、非常におもしろい作品でした。
良くも悪くも私の価値観に影響を与えた作品。
何故マイナーなのかがわからない。
もっと人気が出てもいいと思った。

 

 

 

 

 

 

 
オリヒメ ヒコボシ
ふくやまけいこさんの短編集。
記事にもしましたが、本当に傑作。
たった数ページの短編でここまで演出出来るかと、それまでの常識と価値観を覆す作品。
寂しくも優しい、素晴らしい作品集です。
小学生の頃の卒業アルバムを読み返して、童心に返ったあとに、これを読むと最高に楽しめるかと思う。

 

 

 

オリヒメ(CRコミックスDX/ふくやまけいこ作品集) (CR COMICS DX)

オリヒメ(CRコミックスDX/ふくやまけいこ作品集) (CR COMICS DX)

 

 

 

 

 
楽園通信社綺談 ビブリオテーク・リブ
佐藤明機さんの傑作二作を収録。
90年代の同人臭が漂うSFチックな作品。
画風が独特で、攻殻機動隊同様、一ページ一ページの情報量が多く、二回、三回と、読めば読むほど味が出る。
個人的に非常に楽しめた。
自分はパラダイスバードより、断然こっちが好き。
 楽園通信社綺談 ビブリオテーク・リヴ

 

 

 

楽園通信社綺談 ビブリオテーク・リヴ

 

 

 

 

 
アニメ
 
映像、音楽、キャラクター、どれも良かった。
非常に充実した二時間。
二回も観に行きました。
年が明けて三回目を観に行くかもしれない。

 

 

 

ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック

ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック

 

 

 

 

 
天体のメソッド
久弥直樹さん脚本のアニメ。
傑作ビジュアルノベルKanon』には到底及ばないが、アニメとしては、物語、演出、心理描写が良くできていたと思う。
記事にも書いたが、個人的に11話の展開のまま12話で終わって欲しかった。
 
ONEOVA
dアニメストアで偶然見つけ視聴。
一話目は「なんだこれ?」って感じだったが、オチが最高だった。
私が求めているのはこういう作品なんでしょう。
一話目以降は大したことはない。
『ONE』のファンなら全話楽しめると思う。
『ONE』のファンでなくとも、一話目は是非見ておいて欲しい。
 
 
ゲーム
シリーズ最高傑作と名高い作品
個人的には物語もシステムもⅣの方が好きだが、物語終盤のどんでん返しは今でも余裕で通用する完成度。
何故シリーズの顔となっているのかよくわかる。
本当に素晴らしい作品。
今やるとUIが少し不便かもしれないが、物語は非常に楽しめる。

 

 

 

ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

 

 

 

 

 
STGの傑作。
初めて触れたのは十年程前だが、真剣にクリアを目指してプレイしたのは、今年が初めて。
STGの基本を抑えており、クリア時にはかなりのSTGに適応できる。
十六面クリア時の感動は未だに手に、心に残っている。
 
STGの傑作の続編。
前作の傑作を越える傑作。
グラディウス』から『沙羅曼蛇』への進化を汲み取り、『グラディウス』を正当進化させたもの。
ここまで完成度が高いと、続編でこれを越える傑作を作るのは難しいと思う。

 

 

 

グラディウス2~ゴーファーの野望 【PCエンジン】
 

 

 

 

 
音楽
 
竹本泉 うたこれ 
普段、CDはレンタルばかり利用する私が、定価で購入したアルバム。
毎日聴いている。
本当に竹本泉さんの作詞は素晴らしい。
漫画のファンなら間違いなく楽しめる一枚。
これは本当にいいものだった。

 

 

 

竹本泉 うたこれ データムポリスター歌のアルバム

竹本泉 うたこれ データムポリスター歌のアルバム

 

 

 

 

 
最後に
2015年、今年一年、自分の身の回りで色々なことがありました。
趣味で現実から逃避せず、現実と向かい合った内容を、来年から記事にしていけたらなあと思います。
年が明けても、どうかよろしくお願いします。
生きている限り、更新は続けるつもりです。
更新終了のときまで、どうかよろしくお願いします。